仙人岱      2019年12月15日      T.KIMURA撮影
















訓練山行報告書             20191228日(提出者 M.NORO)

 山   名 :仙人岱

コ ー ス  :酸ヶ湯→地獄湯ノ沢→仙人岱避難小屋→地獄湯ノ沢→酸ヶ湯(夏道ルート)

  行 日 :20191215日(日)

参 加 者:(CL) T.FUKUI (SL) Y,HANADA    他8名   (計10名)

                            

 ( 報告書 )

山行前日の強い風雨で心配したが、登山当日明け方の天候は風もなく穏やかであった。予定通り715分に横内駐車場でミーティングを行い車三台に分乗し、酸ヶ湯登山口に向かった。途中の雪景色はこの時期にしては雪が少ないように感じられた。

7時50分酸ヶ湯に到着。酸ヶ湯温泉うえの駐車場に向かったが、全面50cmほどの積雪で除排雪が行われていないため駐車できなかった。そこで酸ヶ湯温泉館内で準備を済ませた。そして車は温泉前とうえの駐車場の道路脇へ置きました。

830分、夏道ルートで登山開始。全員スノーシュー装備である。山の積雪60cm程。歩きやすい道をラッセルで確保するため鳥居から少し外れたところから入った。

すでに登山者のスキーのトレースがある。我々もラッセルで進む、軽い新雪のため沈むので先頭に着く人はとても歩きづらく疲れる。メンバー全員先頭から順番にラッセルの先頭に立つらしい。

それでもレディ達にはラッセルの先頭はないだろうと安心していたが、なんと四番目、女性のトップで先頭が回ってきて慌ててしまった。しかしそこは優しい紳士方、短時間で「ハーイ交替」と最後尾に着かせてくれた。最後尾に回って分かったがラッセルでできた雪道はとてもしっかりと圧雪され歩きやすい。

途中登りに差し掛かったところから夏道の下に入る。重い雪と氷でできたコートを重そうにまとう巨大なアオモリトドマツのすぐ横をとおる。「よくきたね」と上から声が・・・。

デズニーアニメの世界は厳寒の冬山登山でなければ味わえない。

しばらくすると弘前労山の方々がにぎやかに登ってきた。総勢18名全員ワカン装備、ここまで楽させてもらった分、後半ラッセルしてくださるという。ありがたい。全員で順番に短時間交替で楽しそうにラッセルしてくださる。そして1050分地獄湯ノ沢を過ぎたところで折り返して下山されました。本当にありがとうございました。

地獄湯ノ沢のあたりは積雪が少なく沢の形状もそれに架かる橋も凍ってはいるが見える状態。岩石は氷雪で覆われその上をスノーシューで慎重に登って行った。

このあたりは風が下方から吹き上げてくる、風雪も強くなり寒さも厳しくなった。仙人岱の小屋に着いたのは正午。何人かの先客がいてストーブは2台ついていたが、全く温まらない。吐く息が白く長い。冷たいおにぎりよりも暖かいコーヒーとパンの方がおいしい。

1230分下山準備、強い風雪の中、仙人岱の小屋前で集合写真を撮り早々に下山開始。

すでに登った時のトレースは風雪でかき消されていたが、NARITAさん福井さんが安全なルートをさがしてくれる。

とにかく風雪が強く寒い、わたしは指先がかじかんで感覚が無い。身をもって冬装備の大切さを思い知りました。しかし、1時間半程下り、林の中に登った時のトレースが確認できたところで風が少なくなりホンワカ温かく感じられやっと人心地が付き、登れた満足感から楽しかったと思えるようになりました。途中雪山スキールートの八甲田環状ルート109番の標識を横に見ながら下山時刻は1430分でした。様々なそして貴重な体験をしました。本当にお世話になりありがとうございました。大岳、小岳まで足を延ばすには無理な天候でした。来年に期待です。