仙人岱(訓練)         2022年12月18日(日)            H.SHIBUKAWA・K.TSUSHIMA撮影
















訓練「仙人岱~八甲田大岳」                   2022年12月22日提出 (提出者: M.NOSAKA)

山 名:仙人岱~八甲田大岳

目 的:雪上訓練・ラッセル訓練

日 付:2022年12月18日(日) 

参加者:CL K.TSUSHIMA、SL T.FUKUI、SL Y.HANADA   他14名      (計17名)

山行記録

横内駐車場7:30、酸ヶ湯駐車場8:00集合。

酸ヶ湯到着時、連日の雪でかなりの積雪。駐車場もブルが除雪中。

K.TSUSHIMA CLより、体調の確認。冬山での体調不良は命に関わるので、絶対無理しないようにとの言葉に気が引き締まる。装具を身に着け準備体操。 歩き方の注意点を確認し登山口へ。

8:45 登山口の鳥居は雪に埋もれ、横を通り出発する。K.TSUSHIMA CLが先頭でラッセルしながら進む。50㎝ほどの雪の深さだ。

9:00 樹林帯。雪は小康状態。スノーシューで転倒した際、起き上がるのも一苦労だが、体を横に傾けるとのアドバイス。心強し!

9:25 休憩。また雪が強くなってきた。アオモリトドマツが見えてきた。湿った雪が積もり、枝がダラリと重そうに垂れている。地獄湯の沢少し手  前で、ラッセル交代。

10:20 休憩してから、地獄湯の沢を順調に進んでいたが、後方3名が離れていた。目視では確認できず、電話もつながらない。
      OKAZAKIさんが少し下山し、確認。その後合流。
 

10:30 雪も降り続き、仙人岱ヒュッテまでも厳しいのではとの事で、下山に決定となる。

11:00 樹林帯で休憩・軽食。ツェルトの出番と、K.TSUSHIMA CLとKIMURAさんが広げてみる。
  身につけさせてもらうと、とても薄いのに風を通さず便利なアイテムだ。

11:20 少し開けた場所で皆、横並びでラッセル訓練!ほとんど後方を歩いていたが、やはりラッセルは足にかなり負担がかかることを実感する。

11:40 酸ヶ湯駐車場到着。今日の訓練の注意点として、隊列前後の確認、分断された時の連絡方法の確認、単独行動は絶対しない、モバイル系の  携帯方法等について、K.TSUSHIMA CLよりコメントあり、解散となる。

 状況も大変な中、CLはじめSL、皆様、本当にお疲れさまでした。

 色々な景色を見せてくれる、これから冬本番の八甲田、今回もとても学びの多い訓練となりました。ありがとうございました。